舌側矯正

矯正装置を歯の裏側に付ける矯正治療。

見えない舌側矯正

画像

舌側矯正とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療法です。
そのため「裏側矯正」とも呼ばれています。

装置が見えない舌側矯正は、大きく口を空けたときだけかろうじて装置が見える程度なので、周囲の人にほとんど気付かれずに治療することができます。

熟練した矯正歯科医の場合、表側からの矯正治療も、裏側からの矯正治療もほぼ同様の結果を得ることが出来ます。

当院ではマウスピース型矯正装置(インビザライン)と並んで、舌側矯正にも力を入れています。

舌側矯正のメリット・デメリット

画像

治療期間の目安

画像

※ 症例や年齢により個人差があります。
※ 噛み合わせや歯と顎の状態によりできない場合もございます。
舌側矯正の適応かどうかは、十分な相談と検査が必要になります。

マウスピース型矯正装置との使い分けは?

抜歯などを含み、歯を大きく動かす必要があるとき、顎が小さく、歯が全部入りきらないで歯並びが悪くなっている場合などは、歯を並べるスペースを確保するために、抜歯をしなければいけないことがあります。

抜歯後の空いたスペースを大きく詰める歯をダイナミクスに動かさなくてはいけない矯正治療は、マウスピース型矯正装置(インビザライン)のみでは適さない場合があります。

舌側矯正を含むワイヤーを使った矯正治療を併用して、段階的に細かな調整をすることでマウスピース型矯正装置(インビザライン)の利点を最大限に発揮させることが可能となります。

他の医院で無理と言われた方も、ご相談下さい

画像

1番最適な治療法を、一緒に考えましょう
患者さんのお口の中は千差万別ですが、それぞれに合った最適な矯正治療の方法は必ず見つかります。

矯正治療は通院時だけではなく、装置をつけている間すべてが治療期間になります。

数年単位の長期間、患者さんの貴重なお時間を使っての治療になりますので、当院ではその間の患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を最大限に考えて、矯正治療を進めます。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯ならび治療・矯正歯科なら ルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.